痛くなく、気持ちよい、元気がでる はり治療

気の調整ユタカはり院

こんにちは! 杉並区南阿佐ヶ谷駅すぐの
「気の調整」ユタカはり院 のHPへおいで下さりありがとうございます!!

肩こり、腰痛はもちろんのこと、精神疲労、食欲不振、過食、ストレスによるイライラ、不眠、アレルギーによる湿疹・痒み、呼吸器系・消化器系疾患などにお困りの皆様、「気の調整ユタカはり院」にお任せ下さい。当院の治療は、「痛くなく、気持ちよい、元気が出る」“はり治療”です。

ここで、「気の調整」(「経絡治療」とか、「脈診流の針」と言い換えている先生もおりますが…)について簡単に解説します。

気の調整の「気」とは、人間が生きて活動して行く上での根本部分にある物です。そうすると誰もが「目で見てみたいとか、触感で感じてみたい」と思われますが残念ながらそれはできません。「気」は形が無く働きだけのものだからです。しかし、「気」の特性として、多くの「気」が集まり凝縮すると、ある物の形に変化して目に見える様になるというものがあります。
これを、「血」と書いて「けつ」と言っています。人間に例えるとまさに人間の体そのものなのです。外見から見える、顔、その中の眼・鼻・口・耳、皮膚、頭、その内の髪の毛、手足、それに伴う爪、内臓の肺臓、肝臓、腎臓、脾臓、胃、大腸、小腸、膀胱など、全て気の集合によって形造られたものなのです。随って「気」と「血」は一体であり、この調和によって健康が保たれるのです。

ところが、
何かの原因で「気」に乱れが発生すると、「血」である部分に病変が現れます。これを快復させる為に根本の「気」の乱れを調整するのが、当院の「気の調整」なのです。

詳しくは「気の調整」、「診療日記」、「四季と健康」のページをご覧下さると、一層ご理解いただけます。

お知らせ

診療日記

診療日記

朝夕の寒さが増えて来ましたね

診療日記

いよいよ秋本番でしょうか?

診療日記

朝晩の気温が気になりますね

診療日記

秋の長雨になりましたね

診療日記

本日は真夏が戻った様ですね

診療日記

すっかり秋めいて来ましたね

診療日記

ひさびさの投稿になります

診療日記

本格的に熱くなりました

診療日記

今年の梅雨は何時あけるのか

診療日記

蒸し暑い日の毎日です

診療日記一覧はこちら